ベルリン国際映画祭 受賞映画作品 341作品 まんが,マンガ

ベルリン国際映画祭受賞作品。これまでにアラン・ロブ=グリエ監督の嘘をつく男や、カンタン・ドルメールが出演するシノニムズ、By the Grace of God(英題)が受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

嘘をつく男

上映日:

2018年11月23日

製作国:

上映時間:

95分
3.6

あらすじ

ナチス傀儡政権下のスロバキア共和国。戦乱にあけくれる小さな村に、レジスタンスの英雄ジャンの親友だと名乗る男が現れる…。ボルヘスの短編「裏切り者と英雄のテーマ」を下敷きに、L・ ピランデッロ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「嘘をつく男」‬ ‪冒頭、第2次大戦末期のスロバキア。 村に突如現れた異邦人、森を彷徨うスーツ姿の男、銃撃、兵隊…

>>続きを読む

1968年、アラン・ロブ=グリエ脚本/監督、3作目。 原題: L'homme qui ment/The Man Who…

>>続きを読む

シノニムズ

製作国:

上映時間:

123分

ジャンル:

3.3

あらすじ

パリ在住のイスラエル人・ヨアヴは、フランスに帰化しようと奮闘中。フランスが自国の狂気から自分を救ってくれると信じて…。他国へ移住することの難しさをシニカルにユーモアを交えて描く。

おすすめの感想・評価

イスラエルを逃れたヨアヴはフランス人に帰化しようとする(理由をこの映画に求めるなんて野暮)。偶然出会った男女に助けられ…

>>続きを読む

TIFF16本目 @ Scotiabank Theatre ⑪ 1番後右寄り 17:45〜 Regular Scree…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パリの試写会で。 少年時代にカトリックの神父から性的な嫌がらせを受けた男性たち。聖職を続ける神父から子供達を守るため、…

>>続きを読む

神父に性的虐待を受けた被害者たちが数十年の時を経て告発をはじめる . まず舞台が丘の上に大聖堂がそびえ立つリヨンなのが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルリン国際映画祭脚本賞受賞作のドラマ。 ナポリに住みギャングに囲まれて育った15歳の少年が安易な気持ちで金と地位を求…

>>続きを読む

在りし日の歌

上映日:

2020年04月03日

製作国:

上映時間:

185分

ジャンル:

4.1

あらすじ

国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で幸せに暮らしていた。大切な一人息子シンシンを失うまでは・・・・・・。乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルリン国際映画祭にて男優賞と女優賞ダブル受賞の中国映画。80年代から現代にかけて中国激動の時代を駆け抜けたとある家族…

>>続きを読む

一人っ子政策に人生を狂わされる夫婦、その30年間を描く3時間。中国という舞台なくしては成立しないユニークな人間ドラマと…

>>続きを読む

犬ヶ島

上映日:

2018年05月25日

製作国:

上映時間:

101分
3.9

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『決を取ろう。賛成ならアイだ!』 日本人が観ずして これは誰が観るんだというべき作品。 監督の日本愛が凄すぎる。 …

>>続きを読む

全ての愛玩動物に共通する報われなさ、とりわけ犬に感じられる宿命的な悲しみ、健気さ、みたいなものが映画全編に満ちていて、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

Puzzling, yet critical analysis of the intimacy between a p…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

巨大キリスト像建設現場での事故により、顔が変わってしまった男の話。 この前は北欧だったけど(「Heavy Trip」)…

>>続きを読む

ポーランド映画は昔だけじゃない、今もレベルが十二分に高し。ピントは主人公の視点のみに合い、他は焦点をわざとぼかした映像…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルリン国際映画祭にて。 なにかデカいことやろう的な勢いだけで国立美術館の貴重な展示品を強奪。 ことの大きさは彼らが…

>>続きを読む

相続人

製作国:

上映時間:

97分

ジャンル:

4.1

あらすじ

外交的なチキータと部屋で絵を描いて過ごすのが好きなプライドの高いチェラは、長い間生活を共にしてきた熟年のレズビアンカップ ル。二人は生活のため、チェラが親から相続した高価な調度品を売りなが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【宗教は単純労働を持続化させる】 MUBIで第68回ベルリン国際映画祭男優賞(Anthony Bajon)を受賞した『…

>>続きを読む

心と体と

上映日:

2018年04月14日

製作国:

上映時間:

116分
3.8

あらすじ

ハンガリー、ブダペスト郊外の食肉処理場。代理職員として働くマーリアはコミュニケーションが苦手で職場になじめない。片手が不自由な上司のエンドレは彼女を気に掛けるが、うまく噛み合わず…。そんな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

自分の心と体、そして自分と相手、それが歯車のように素直に連動すればこの世の苦悩は大半なくなりそうだ。 だけどそう簡単に…

>>続きを読む

あたい、マーリア。 潔癖で人と接するのが苦手。 新しい職場は食肉加工場。 お肉肉肉…をランク分けするのが仕事なんス。…

>>続きを読む

わたしは、幸福(フェリシテ)

上映日:

2017年12月16日

製作国:

上映時間:

129分
3.3

あらすじ

「幸福」という名前を持つ歌手フェリシテ。誇り高く、自分を曲げることができない彼女は夫と別れ、バーで歌いながら女手一人で息子を育てていた。バーの常連の男タブーは、美しいフェリシテに気がある。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

コンゴ民主共和国の首都キンサシャが舞台。コンゴの事、何かWikipediaとかで調べて簡単にまとめて書けないかと思いま…

>>続きを読む

「闘うことと受け入れること」 フランス映画界で最注目のアラン・ゴミス監督ということで観賞意欲をそそられた。 なかなか…

>>続きを読む

ナチュラルウーマン

上映日:

2018年02月24日

製作国:

上映時間:

104分
3.6

あらすじ

チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

トランスジェンダーを題材に、描かれる作品は、近年特に目立つよ~な😁😁 本作で、マリーナ役を演じている ダニエラ・ヴェガ…

>>続きを読む

邦題もステキ! 真っ直ぐな視線、凛とした顔が好き。 しなやかな身体、その佇まいが好き。 エレガントな身のこなし、知性…

>>続きを読む

希望のかなた

上映日:

2017年12月02日

製作国:

上映時間:

98分
3.9

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

難民問題が各国で議論される中、この問題はある意味国を越えて、民衆をも交えて考えていくべき問題かもしれないと今作を鑑賞し…

>>続きを読む

ちょっとずるくて、ちょっとやさしい人々が生きている。 もちあわせはあまりないけど、すこしならきみにもわけてあげられる。…

>>続きを読む

夜の浜辺でひとり

上映日:

2018年06月16日

製作国:

上映時間:

101分

ジャンル:

3.6

あらすじ

舞台は、ハンブルクとカンヌンという二つの海岸都市。不倫スキャンダルにより、キャリアを捨て異国に逃げてきたヨンヒ(キム・ミニ)は、訪ねてくると言ったまま姿を見せない恋人を待ちながら、自分の真…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ホン・サンスのレビューをする時の無力感よ…。 特筆すべきことの少なさというか、文章にする事の無意味さばかりが浮かび上が…

>>続きを読む

clipしてあったからWOWOW録画。 何故clipしたのかは忘れた。 タイトルに偽り無し‼…で❓ よう分からんかった…

>>続きを読む

海は燃えている イタリア最南端の小さな島

上映日:

2017年02月11日

製作国:

上映時間:

114分
3.5

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、こ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリアの小さな島を舞台にした、難民問題を巡るドキュメンタリー。 複雑な要因からなる出来事の任意の部分を切り取り、並べ…

>>続きを読む

イタリアの難民問題を巡るドキュメント。 このドキュメントは、イタリアの ランペドゥーサ島を舞台にして、中東、アフ…

>>続きを読む

サラエヴォの銃声

上映日:

2017年03月25日

製作国:

上映時間:

85分
3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サラエボの老舗ホテルが舞台。広く明るく趣を感じるロビーとは対照的に、湿っぽく照明が最小限に抑えられた暗い従業員スペース…

>>続きを読む

「欧州はサラエヴォで始まる。」 テレビのリポーターから、1914年のオーストリア=ハンガリー王国のフェルディナント大…

>>続きを読む
>|