レバノンのおすすめ映画 35作品 まんが,マンガ

レバノンのおすすめ映画。レバノン映画には、ナディーン・ラバキー監督の存在のない子供たちや、アデル・カラムが出演する判決、ふたつの希望、ラフィキ:ふたりの夢などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

存在のない子供たち

上映日:

2019年07月20日

製作国:

上映時間:

125分

ジャンル:

4.3

あらすじ

わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれた ゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼイン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人を刺し捕まった少年が自分を産んだ事について両親を訴訟する。既に子沢山で家は立ち退き通告まで出ているというのにさらに産…

>>続きを読む

僕を産んだ罪 として両親を告訴。 両親が出生届けを出さず記録もない誕生日も知らない。歯から推定年齢。 そんなことってあ…

>>続きを読む

判決、ふたつの希望

上映日:

2018年08月31日

製作国:

上映時間:

113分
4.0

あらすじ

レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

怒りは単純なようでいて最も複雑な感情なのかもしれない。こちらの一言が相手の中に燻っている何に火を付けるかわからない。怒…

>>続きを読む

"自尊心を傷つけるほどの暴言は 暴行と同じ重みとなる" 素晴らしい!これは傑作だと思う…!! 今まで観てきた法廷物の…

>>続きを読む

ラフィキ:ふたりの夢

上映日:

2019年11月09日

製作国:

上映時間:

82分
3.7

あらすじ

看護師になるのが目標のケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人たちに満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、ナイロビで母と暮らしていたが、国会議員に立候補した父のことは応援している。そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初めて観たケニアの映画。カンヌに出品されながら、国内では上映禁止だそうだ。なぜなら、テーマである同性愛がケニアでは違法…

>>続きを読む

カラフルに溢れる街で生まれた恋と、残酷で頭の固い価値観。嫌な現実。 ラストカットがこの上なく至高。 ボーイッシュなケ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『自由を目標に掲げているとき、ひとは自由ではない』という台詞に言葉を失う。 いつも痛感してる。目指すから遠くなることを…

>>続きを読む

美しい絵本をめくっているような色彩豊かな映像にうっとりとする、 指導者として崇められていた詩人ムスタファと、ひとりの少…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イスラーム映画祭4 in 神戸 昨年の個人的ベスト3に入る「判決、ふたつの希望」の監督のデビュー作と聞いたら、どうし…

>>続きを読む

“判決、二つの希望”のドゥエイリー監督の長編デビュー作。 判決~では、涙を沢山流したけど、好みで言うと、これかなり好き…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

我を忘れ甘くトロ〜ンとした恋も、時には歯がゆく切ない塩っけ混じりの涙で頬を濡らす。 熱く加熱された粘り気のあるキャラ…

>>続きを読む

2度目の鑑賞、 私にとって初めてのレバノン映画。 中東レバノンのベイルート、美容院のスタッフ3人と、お客さんたちの様子…

>>続きを読む

わたしは、幸福(フェリシテ)

上映日:

2017年12月16日

製作国:

上映時間:

129分
3.3

あらすじ

「幸福」という名前を持つ歌手フェリシテ。誇り高く、自分を曲げることができない彼女は夫と別れ、バーで歌いながら女手一人で息子を育てていた。バーの常連の男タブーは、美しいフェリシテに気がある。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

コンゴ民主共和国の首都キンサシャが舞台。コンゴの事、何かWikipediaとかで調べて簡単にまとめて書けないかと思いま…

>>続きを読む

「闘うことと受け入れること」 フランス映画界で最注目のアラン・ゴミス監督ということで観賞意欲をそそられた。 なかなか…

>>続きを読む

セメントの記憶

上映日:

2019年03月23日

製作国:

上映時間:

88分
3.5

あらすじ

中東のパリ、ベイルート。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場でシリア人移民・難民労働者たちは静かに働いている。ある男が、出稼ぎ労働者だった父がベイルートから持ち帰った一枚の絵の記憶を回想す…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

バブル経済に沸くベイルートで、超高層ビルの建設現場で働くシリア人移民・難民労働者に焦点を当てたドキュメンタリー。彼らは…

>>続きを読む

地中海を眺望する超高層ビルの建設現場で働くシリア人移民、難民労働者たち。 "セメントの味は僕の心を蝕んだ" ハンマ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

レバノンの小さな村が舞台。 ムスリムとクリスチャンが半数ずつ暮らす村で、女たちは仲良く暮らし、何かと争いを始める男た…

>>続きを読む

イスラーム映画祭にて。舞台はムスリムとクリスチャンが一緒に暮らしているレバノンの小さな村。信仰宗教の違いにより日々の生…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本作を上映したユーロスペースの公式ウェブには次のようにある。 <イスラエル建国70年に合わせた米大使館のエルサレム移…

>>続きを読む

イスラエルの刑務所に見るパレスチナの現実。 身に覚えのない罪で投獄され、さらには刑務所で出産するという、ラヤルの身に…

>>続きを読む

シリアにて

製作国:

上映時間:

86分
3.8

あらすじ

3児の母であるオームは、自らのマンションをシェルターとして家族と隣人を市街戦の脅威から守っている。外の広場はスナイパーに狙われ、爆撃が建物を振動させ、さらに強盗が押し入ろうとする。果たして…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

第30回東京国際映画祭にて鑑賞。ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で観客賞を受賞したベルギー映画。 シリア内戦下、激戦…

>>続きを読む

凄い作品だった。 シリアの内戦を一般市民の目から見た緊迫のドラマ。 3児の母であるオームは、自らのマンションをシェルタ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めちゃ良かった。 植民地支配とお役人仕事の両義的不条理に、官能的でユニークな色彩と音の息遣い。 土地に留められる魚の話…

>>続きを読む

ウェーブ 98

製作国:

上映時間:

15分
3.0

あらすじ

ベイルート郊外に暮らす青年。故郷とは?そんな疑問を持ったまま彼はやがて、街の異なる姿と遭遇する。

おすすめの感想・評価

レバノン出身の監督が故郷の姿を1人の青年を通して描く。独特なアートの感性を加えながらレバノンという街の外面と内面を表現…

>>続きを読む

短編15分。 アニメーションと実写の融合。 社会が実写で自分の周囲がアニメーション。 おそらく、思春期特有の実感の無さ…

>>続きを読む

男が帰ってきた

上映日:

2017年09月23日

製作国:

上映時間:

33分
2.7

あらすじ

26 歳のレダは、パレスチナ難民キャンプ、アイン・ヘルワを脱出し 3 年間ギリシャに滞在するも強制送還されてしまう。内紛とシリア内戦の影響によってボロボロに引き裂かれた難民キャンプに帰って…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヘロイン常用者(主人公の男)のヘロインの使用シーンや売買等のシーンがバンバン登場。 ポンプ(注射器)を挿して腕からプラ…

>>続きを読む

父から息子へ ~戦火の国より~

製作国:

上映時間:

99分
4.1

おすすめの感想・評価

シリアのアルカイダ系ヌスラ戦線で活動する父親とその息子たちに密着したドキュメンタリー。 ウサマ、アイマンという息子た…

>>続きを読む

‪アルカイダ関連組織メンバーの父とその息子たち。 イスラム主義者の父の愛と教え、国家の戦士へと育てられる子供の体のすぐ…

>>続きを読む

だから まいにち たたかう

上映日:

2016年04月16日

製作国:

上映時間:

115分
3.4

あらすじ

自らが動かないと何も見えて来ない――。世界の人々の生活と過酷な現実。子供達が将来に希望を抱くことが困難な世界がそこにはある。『六ヶ所人間記』『夏休みの宿題は終わらない』等の作品で知られるド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イスラエル軍や入植者達に迫害されながら生きるパレスチナの人々を追ったがっつりドキュメンタリー。 イスラエルによってボー…

>>続きを読む

わたしを乗せて

製作国:

上映時間:

15分
3.3

あらすじ

撮影の制作部で働く20代前半のサリーは、重要なコンクールの締切が迫る中、友人の仕事を代わりにやらなければならなくなる。そんな中ただ一人、トラック運転手のガジだけが彼女を助けてくれるのだった。

おすすめの感想・評価

最後のトラックの荷台で 原稿書いてるシーンがすごく素敵! にしても、 名前忘れたけど、あの彼氏か友人か?! めっちゃ…

>>続きを読む

ラストシーンの月が素敵。 運転手のオッチャンがイイ人😄 ジョニーが自己中のクズ男でイライラする😤 ラストま…

>>続きを読む

シリアからの叫び

製作国:

上映時間:

111分
4.1

あらすじ

混迷の極みを増し、解決への糸口が全くつかめないシリア危機。本作は現地の活動家や市民ジャーナリストたちから寄せられた約100時間にもおよぶ映像素材や、政府軍から離脱した将校などから新たに集め…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダルアーから始まったシリアにおけるアラブの春。そのきっかけとなったのは、政府批判の落書きをした少年たちが非人道的な拷問…

>>続きを読む

このささいな父の存在

製作国:

上映時間:

104分
3.3

あらすじ

家も家系も引き継げないゲイである監督が、父を、家族を、伝統を、耽美とユーモアで挑発する。『髪を切るように』(2011NAC)のサリーム・ムラード作品。

おすすめの感想・評価

山形国際ドキュメンタリー映画祭で鑑賞しました。 このささいな父の存在 レバノンのゲイの監督の映画です。 監督と父…

>>続きを読む

そこにとどまる人々

製作国:

上映時間:

95分
3.1

あらすじ

シリアとの国境に近いレバノン北部で食堂を営み、変わりゆく村に留まり続ける男の思いが刻まれる。『されど、レバノン』(2009NAC、奨励賞)のエリアーン・ラヘブ作品。