エストニアのおすすめ映画 70作品 まんが,マンガ

エストニアのおすすめ映画。エストニア映画には、イルマル・ラーグ監督のクロワッサンで朝食をや、レンビット・ウルフサックが出演するみかんの丘、トライアングルなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

フランス映画らしいなという作品性。昔はこの手の雰囲気映画が苦手だったのだが、最近は好きになってきたかも。静かで淡々とし…

>>続きを読む

うわ〜うっかり見たらパリ行きたい病発生するわ〜。 クロワッサン食べたいっ 近所のメゾンカイザーのクロワッサン買いに行こ…

>>続きを読む

みかんの丘

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

87分
4.0

あらすじ

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

みかんの丘 2013年・エストニア、ジョージア合作映画・87分 監督・脚本:ザザ・ウルシャゼ イヴォ(みかんの木箱作り…

>>続きを読む

ジョージア人はチェチェン人に友だちを殺されたと言う。チェチェン人はジョージア人に友だちを殺されたと言う。 戦争真っ只…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

プリート・パルンの短編アニメーション。ある妻をめぐる夫と男。 エストニアか…バルト三国アニメはなぜこうも飯がまずそうな…

>>続きを読む

こころに剣士を

上映日:

2016年12月24日

製作国:

上映時間:

99分
3.7

あらすじ

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

諸事情にて一足お先に鑑賞。 フィンランドの映画は多分人生初なんだけど、ものすごーーーく良い映画でした。もう年の瀬ですが…

>>続きを読む

レビューの書きにくさトップクラス!不徳の致すところです。 50年代、ソ連占領下のエストニア。元ドイツ軍兵士にしてフェ…

>>続きを読む

サマー・ヴェンデッタ/ボドム

上映日:

2016年11月04日

製作国:

上映時間:

85分
2.5

あらすじ

キャンプにきていた4人の若者が、何者かに襲われ、3人が死亡し、50年を経た現在でも未だ未解決という、実際の事件をモチーフにしたスリラー。

おすすめの感想・評価

未解決事件物好きなんですよね。 日本の未解決事件をいろいろ推理したものや、それを基にした映画や小説なんかをよく観たり…

>>続きを読む

実際の未解決事件~ボドム湖殺人事件の映画化、とゆうかOPでは"この事件の着想を得た"と説明されてるので一番有力な説を再…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エストニアってどこ?って言われたらバルト三国のどれか、くらいの知識しかなかったです。 第二次世界大戦ではこんな板挟み国…

>>続きを読む

第二次世界大戦エストニア。 エストニアはまずソ連に占領されていてそこをドイツが侵攻してきてドイツにも占領される。 なの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

当たり前のことだがヨーロッパと一口にいっても様々な国があることに驚く しかし一体このプロジェクト(?)はいったい誰向け…

>>続きを読む

ゴーストアワー

製作国:

上映時間:

8分
3.1

あらすじ

ある晩、お化けがいつものように人々を驚かそうとして街にでると、ある家の窓際に女の子を発見する。その少女はちょうど嫌いな食べ物を窓から捨てようとしていた。お化けは格好の獲物を見つけて驚かそう…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

お化けなんか怖くない!👻👻👻 クレイアニメと言われて思いつくのがNHKで放送されてたプチプチアニメの「ニャッキ!」。…

>>続きを読む

イタズラ好きのゴーストが現れた。 さてさて、今夜はどいつをビックリさせてやろうか! ゴーストは女の子に狙いを定めるのだ…

>>続きを読む

ルクリ

製作国:

上映時間:

99分
2.8

あらすじ

人里離れた土地で、自給自足の生活を送る数名の若者たち。突如戦闘機の轟音が鳴り響き、地域に戦争の気配が満ちていく…。時代を覆う不条理な空気を、個性的な音響と映像で描いていく問題作。

おすすめの感想・評価

2015.10.29 @ 28th TIFF まったく理解は出来なかったんだけど、なにかとてつもないものを観てしまっ…

>>続きを読む

余計なものは一切写さない、とても静かな仮想ディストピア映画です。 映画音楽がほぼ動作や会話の音で、始まりから極めて静…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

@EU filmdays エストニア映画。 思春期のやりきれなさをかかえた悩める女の子が、ある日友達に誘われて参加し…

>>続きを読む

エストニア。 “ポーチュガル”というオーデコロンの広告に「顔は忘れても、匂いだけは忘れない」というコピーがあるのだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

EUフィルムデーズにて、プロデューサーと主演女優の方のトークショー付き。感想や質問まで受けてもらえて、直接お話しできま…

>>続きを読む

夏のエストニア。 美しい自然に眩しい天候に可愛い町並み。 そんな素敵な田舎町で描かれるのは、銃で撃たれ昏睡状態となった…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

プリート・パルンのアニメーション。様々なアニメーターに影響を与えたと評価の高い作品。 初めて観たパルン作品。こんな意地…

>>続きを読む

「ヤバイ世界線」のアニメーション……… (生まれ落ちたのが平和な時代だからそう思うだけ?) 博識な人が観ればもっと違う…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エストニアからプリート・パルンの政治風刺アニメーション。切り絵や油絵など様々使われるが、エッチング風の重厚な絵柄が東側…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年10月に岩波ホールで開催の「ジョージア映画祭」にて鑑賞。50歳の主婦マナナが主婦として家庭生活を守っていくこ…

>>続きを読む

視覚的にイケてたし、読み上げられた小説の断章もナカナカだった。 なのに、いつしか、まどろっこしい映画になってた。劇伴ナ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スターリン政権による恐怖体制下にあり、内務人民委員部(のちのKGB)による不当な逮捕が横行していた1950年代初頭のエ…

>>続きを読む

‪スターリン政権時代ソ連占領下のエストニア。 母の連行、少年団への憧れ、NKVDの恐怖、ロシア人への嫌悪。 いい子にし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

〝もうアンフェタミンはいらない。いるのは彼女だけでいい…〟 若気の至りで様々な馬鹿な事をやっても、それは振り返ってみ…

>>続きを読む

悪事に手を染めた若者が墜ちていく系のよくあるストーリー。ドラッグだめゼッタイ!でた!ひゃー!ッアー!なシーン嗚咽するわ…

>>続きを読む

魂の教育 エル・システマ ~音楽は世界を変える~

製作国:

上映時間:

120分
4.0

おすすめの感想・評価

[現実と魔界が交錯するアニミズム的幻想世界] 100点(オールタイムベスト) 昨年のアカデミー外国語映画賞エストニア…

>>続きを読む

【車輪が牛を誘拐して大爆発?異次元のエストニア映画】 親友であり、映画超人のKnights of Odessaさんが2…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

台詞なし、劇伴なし。 ‪羽音や鳴き声、葉ずれが話すように語る映像と音響が、森に生きるモノの春夏秋冬に物語性を与える。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

喜劇と悲劇は紙一重と言うけれど(言うんだっけ?)笑っていいのか分からない。 田舎の村の教会に司祭として赴任した男の話…

>>続きを読む
>|