チェコスロバキアのおすすめ映画 169作品 まんが,マンガ

チェコスロバキアのおすすめ映画。チェコスロバキア映画には、ヤン・シュヴァンクマイエル監督のアリスや、イヴァナ・カルバノヴァが出演するひなぎく、エデン、その後などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

元々ディズニーアニメのアリスは大好き。ルイスキャロルの原作小説も高校の時に読みました。 不思議の国のアリスってディズ…

>>続きを読む

幼い少女アリスはある日、家の剥製のウサギが逃げ出すのを見る。 驚いたアリスは、ウサギを追いかけ、不思議の国へと迷い込む…

>>続きを読む

ひなぎく

製作国:

上映時間:

75分
3.8

あらすじ

ヴェラ・ヒティロヴァ監督によるチェコ・ヌーヴェルヴァーグの代表作。マリエ1、マリエ2は男に食事をおごらせたり、部屋では牛乳風呂を沸かしたり、自由に生きるが……。実験的な映像や美術、音楽セン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「女の子映画の決定版♡」なんて、短絡的なキャッチコピーで刻印しないでほしい。そもそもこれは「女の子」専属の映画ではない…

>>続きを読む

まずはじめにりんごと桃とオレンジのなる木が出てきて、いい映画だと確信した。 このはちゃめちゃ映画 愉快ですか?不快で…

>>続きを読む

エデン、その後

上映日:

2018年11月23日

製作国:

上映時間:

98分
3.6

あらすじ

カフェ・エデンにたむろするパリの学生たち。倦怠と退廃、リビドーが充満するコミュニティに、 突如現れた男が話す、知らない遠い国の話…。豪奢に浪費される極彩色、儀式のようなSM遊戯。“『不思議…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「エデン、その後」‬ ‪冒頭、カフェ・エデンに居座るパリの大学生達。 突如、姿を現した謎の男、麻薬らしき粉末、摂…

>>続きを読む

1970年、アラン・ロブ=グリエ脚本/監督。4本目は監督初のカラー作品。 原題: L'éden et après/Ed…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

嗚呼、今まで観たシュヴァンクマイエルの中で一番好きかも。 挿し絵が動く 中世の古い書物の挿し絵が!!! ( Tд…

>>続きを読む

短編集をレンタルしたのですが、フィルムマークにはなかったのでこちらにレビューします('∀`) ヤンシュヴァンクマイエ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

怖い‼︎ 密室感、閉塞感漂う「地下室(?)」… そこで行われていたのは……怖い‼︎ 規則的な音(振り子) ギコギコ…

>>続きを読む

エドガーアランポーの短編を読んで今でも覚えてるぐらい衝撃を受けたので、これを映像化したのすごい😱小説とは異なる皮肉たっ…

>>続きを読む

シューズショー、あるいは自分勝手な靴

製作国:

上映時間:

11分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

ガリク・セコの靴を使ったストップモーションアニメーション。“本棚の世界”('82)も本棚の書籍たちが暴れまわってました…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

血を燃料にする車!アクセルペダルを踏むと、血を吸ってくれますw ありそうでない面白い設定がいい!チェコのホラーってだけ…

>>続きを読む

低速でも中速でも無く高速である。まして中卒でも無く高卒でも無ければ、旅行鞄に入って「はい〜」と戯ける小さなエスパーが主…

>>続きを読む

カタストロフィー

製作国:

上映時間:

7分
-

おすすめの感想・評価

やられた~。 この邦題。ロリ系という前情報。チェコのヌーヴェルヴァーグという謳い文句。全部吹き飛ぶ素晴らしさ。 こ…

>>続きを読む

このガーリィ感は一体? 特集 パンチの効いた子ども達 5 ソフィア・コッポラの監督デビュー作にも共通して感じられ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[SF映画と思いきや、美しき人間讃歌] 100点(ATB) 適度に気を抜いて見ていたのだが、オープニングからありえな…

>>続きを読む

『2001年宇宙の旅』にもインスピレーションを与えたという作品です。TSUTAYAの発掘良品で見かけてレンタル。 初チ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

狂気のクロニクルを見たとき、素晴らしいと思いつつカレル・ゼマンのベストではないことがわかっていたのだけど、それは直前に…

>>続きを読む

月面着陸に成功した飛行士の青年が、地球からやって来たという中世の貴族と出会い、あてのない旅へと共に出立する。合成映像を…

>>続きを読む

嘘をつく男

上映日:

2018年11月23日

製作国:

上映時間:

95分
3.6

あらすじ

ナチス傀儡政権下のスロバキア共和国。戦乱にあけくれる小さな村に、レジスタンスの英雄ジャンの親友だと名乗る男が現れる…。ボルヘスの短編「裏切り者と英雄のテーマ」を下敷きに、L・ ピランデッロ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「嘘をつく男」‬ ‪冒頭、第2次大戦末期のスロバキア。 村に突如現れた異邦人、森を彷徨うスーツ姿の男、銃撃、兵隊…

>>続きを読む

1968年、アラン・ロブ=グリエ脚本/監督、3作目。 原題: L'homme qui ment/The Man Who…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「会話」と「対話」って…どう違うんだろう…(笑) 早朝から、インパクトが大き過ぎる作品を観て… 画面に圧倒されてしま…

>>続きを読む

シュヴァンクマイエル作品において最も評価の高い作品の一つだけど、確かにインパクトは絶大だった。 最初のリキテンシュタ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

力がほしいか 力がほしいのなら… くれてやる!! 👿 はい、というわけでね。魔獣です。ジャバウォックなわけです…

>>続きを読む

初シュヴァンクマイエル。 クソwwwめちゃくちゃ面白い。 意味があるのかと深刻に見るよりも頭空っぽにして次々起こる不可…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

不気味さ漂う地下室に、 ジャガイモを取りに行く 幼き少女。 地下室で待ち受ける 数々の不思議な出来事。 出口である…

>>続きを読む

おそらく、小さな女の子はママからじゃがいもを取りに行って欲しいという小さなおつかいを頼まれたのだろう。 小さな女の子に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1人の男性が招かれた家… そこで…見たものは… (…とんでもない所に…来てしまった…と…思ったはず…) ラストの予想…

>>続きを読む

なんで人が柵代わりなん? 許せない、直ちに全ての人間の解放を命ずる!と言いたくなるぐらいでした。 そのわりに、じっとし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ようこそ………  『男のゲーム』へ…………… さてさて、この作品は私を短編中毒にさせたキッカケなのです❗ ニコ動で…

>>続きを読む

サッカーの試合で、相手チームを1人面白い殺し方するごとに1点入る。 えぐいと感じるか笑いのツボに入るかがすごく紙一重…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

高性能爆弾の研究に着手している発明家と助手が、世界征服を企んでいる伯爵に誘拐されたことにより、爆弾技術を不当に利用され…

>>続きを読む

これまた不思議な芸術作品を借りてきてしまった。アニメーションというよりかは絵画と実写の融合作品と言った方が正しいような…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

女誑しの戯れ男ドン・ファンが、美しい貴族の娘を手籠めにしたいがために、その父を殺害してしまう。17世紀スペインの伝説を…

>>続きを読む

チェコのシュヴァンクマイエル作品。木彫りの操り人形劇なのだが、野外ロケをしてしまう。金の無心で街へ出る。もはや人形では…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世間はジョーカーで沸いてるようですが、何故か我が家はシュヴァンクマイエルです。 アパートの螺旋階段を一人の男が上って…

>>続きを読む

シンフォニック・バレエのようなバッハの音楽アニメーション。 音楽と合わせたアニメーションは、その音楽に別の強いイメージ…

>>続きを読む
>|