時代劇のおすすめ映画 314作品 まんが,マンガ

時代劇製作のおすすめ映画。時代劇映画には、犬童一心監督ののぼうの城や、佐々木蔵之介が出演する超高速!参勤交代、七人の侍などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

のぼうの城

上映日:

2012年11月02日

製作国:

上映時間:

144分
3.4

あらすじ

豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。

おすすめの感想・評価

【最後まで、戦いを諦めなかった成田長親。】 ★名台詞 成田長親『武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の…

>>続きを読む

野村萬斎さんを愛でるために鑑賞✧ 何度観ても、のぼう(成田長親)が好き♡ そして何度観ても、上地くん(石田三成)の顔の…

>>続きを読む

超高速!参勤交代

上映日:

2014年06月21日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.4

あらすじ

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こちらも久しぶりの再鑑賞。 自分の評価とFilmarksの評価がこれだけ解離するのは久しぶりですが、私はけっこう楽しん…

>>続きを読む

1年間の江戸での勤めを終えて帰国した弱小貧乏藩の殿様が、幕府に5日後に再び参勤せよとの無理難題を突きつけられ、通常なら…

>>続きを読む

七人の侍

製作国:

上映時間:

207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

世界中の映画人に影響を与えた黒澤明監督の時代劇。戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士から村を守る7人の侍たちの雄姿を描く。複数のカメラで同時に撮影するマルチカム方式が採用されて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今回でレビュー777本目。七繋がりということで映画もいよいよ『七人の侍』をチョイス。 あと正月みたいにゆっくり時間が…

>>続きを読む

先延ばしにするのはやめよう!シリーズその10 やっと!やっとやっとやっとやっと、観ることができた❗️ "犬ヶ島"で …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「女座頭市」をやろうとしたその気概や実験的精神は評価すべき。 『座頭市theLAST(失笑)』と比べたら綾瀬はるかの殺…

>>続きを読む

勝新が演じていないリメイク版を座頭市リブートシリーズとするなら、綾瀬はるかが女座頭市を演じる本作はその第二作目に数えら…

>>続きを読む

清須会議

上映日:

2013年11月09日

製作国:

上映時間:

138分

ジャンル:

3.2

あらすじ

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ――。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一人の男が巻物を転がす…その中の城が燃え盛る!。 その時、周りで何がおきていたのか…。 柴田勝家(役所広司)オヤジ…

>>続きを読む

「これは…戦だな。」 大きな屋敷の廊下を歩く男。 大広間に着くと、巻物を広げます。その長い巻物には、街中が描かれてい…

>>続きを読む

関ヶ原

上映日:

2017年08月26日

製作国:

上映時間:

149分

ジャンル:

3.2

あらすじ

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

関ヶ原の合戦といえば、もはや誰でも結末を知っている天下分け目の大合戦。小学生だってどっちが勝つのか答えられるはず。 結…

>>続きを読む

とくとご覧あれ!(字幕を!) 開始3分でこりゃ駄目だと諦めて字幕を表示しました。地上波放送で良かった。 いやあしかし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

BS録画していました🎬 久々に観ました👀 神社の御堂で密談をする若い侍たち⚔️ 彼らは次席家老たちの不正を暴き告発…

>>続きを読む

「おめえ達も大人しく鞘に入ってな」 うひょー!すげえ元祖スプラッター映画!w 黒崎映画はまだ5本目だけど、恐ら…

>>続きを読む

羅生門

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.8

あらすじ

旅法師と柚売りが通りすがりの下人に語り始める――盗賊が森で女を犯し、その夫を殺した。しかし語られる各々の証言は異なっていて。米アカデミー賞名誉賞、ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞の傑作!

おすすめの感想・評価

黒澤明監督特集 15日は『羅生門』 今作は以前一度テレビで観たことがあります。観た当時は、面白かった、黒澤監督はやっぱ…

>>続きを読む

1950年モノクロ黒澤明監督作品 ババアが出ない…だと? と思っていたら元は「藪の中」という、超絶今さらな間違いに気…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2020年1月6日 NHKBS放送 『用心棒』  1961年制作 監督、黒澤明。 浪人(三船敏郎)が、桑畑に囲まれた…

>>続きを読む

鑑賞するのは2回目です。 ひさびさに観た用心棒は超癒し映画でした。 何度となくリメイクされた作品ですし、 総合的…

>>続きを読む

幕末太陽傳

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

4.1

あらすじ

時は、幕末、文久2(1862)年。東海道品川宿の相模屋という遊郭へわらじを脱いだ佐平次(フランキー堺)は、勘定を気にする仲間を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎを始める。しかしこの男、なんと懐に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

粋な所作、リズミカルな動き、テンポのいい会話、小気味良い展開。それらが相まって、いつまでも浸っていられる心地良さ。 …

>>続きを読む

「三千世界の烏を殺し主と朝寝がしてみたい」って、なんつーイカした口説き文句なのよ。「三千世界」という大仰さと、短い生涯…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フウシュウマ、ヨウジャクレキ、トウショウカ。 フウシュウマ、ヨウジャクレキ、トウショウカ。 フウシュウマ、ヨウジャクレ…

>>続きを読む

陰陽師ってなに? 安倍晴明ってだれ? この人の顔って地味だなー。 …めっちゃカッコイイ。好き。←単純 時は平安時代…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

漫画版の『バジリスク』でよく知られている山田風太郎の『甲賀忍法帖』の映画化。登場人物の配置に原作との差異が目立つのは何…

>>続きを読む

1614年。初代・服部半蔵との約定で、長きに渡って戦うことを禁じられ、憎しみ合って来た忍者の二大勢力・伊賀と甲賀。だが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これも公開当時、時代劇好きな母と映画館で見に行きました笑 この頃は小学生なのに時代劇を見に行くという映画変態っぷり…(…

>>続きを読む

日本活劇を今時?という印象ながら わくわくして当時は七人の侍の リメイクなのかな〜?と思いながら鑑賞 七人の侍は随分…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

天草四郎は自分と同じく現世で無念の死を遂げた者たちを魔界衆に引き入れていく。 新年一本目&Mark400本目はこの映…

>>続きを読む

山田風太郎原作の伝奇小説を「仁義なき戦いシリーズ」「県警対組織暴力」などの深作欣二が実写映画化。キャストは沢田研二、千…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ある夜、社殿の中で九人の若侍が、上役の汚職を暴き出そうと密議をこらしていた。若侍の一人、井坂伊織(松山ケンイチ)によれ…

>>続きを読む

織田裕二が椿三十郎を演じる黒澤明の時代劇のリメイク。2000年代の真ん中っていう日本のエンターテイメント映画がすごくダ…

>>続きを読む

帰郷

上映日:

2020年01月17日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

藤沢周平原作、仲代達矢主演でおくる史上初の8K時代劇巨篇。老渡世人・宇之吉は流浪の果ての旅先で病に伏し、故郷へ思いを馳せる。老い先を悟り戻った故郷で、ひとりの娘の窮地を救う決意をする…。

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭5本目。 暇だったので当日券のあった『帰郷』を鑑賞。 あまり時代劇は見ないのですが、「日本」を感じられ…

>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ

上映日:

2016年09月10日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.3

あらすじ

江戸時代、老中・松平信祝(のぶとき/演:陣内孝則)の差し金により幕府から突然参勤交代を命じられた磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩。金も人手も時間も無い中、知恵と工夫でな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

行ったら帰るは当たり前! 2日で帰るも朝飯前!? 「超高速参勤交代」の続編。今回は、江戸で1年滞在した後の復路のお話…

>>続きを読む

★ 家に着くまでが遠足   …ではなく参勤交代です 『超高速!参勤交代』の続編…というか後編。 確実に2本で1本の構…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

てっきり海外版『忠臣蔵』かと思ったら、なんとファンタジーアクション時代劇! 大胆な脚色がすごい。 ・主人公カイ(キアヌ…

>>続きを読む

忠臣蔵を海外セールスするには、剣と魔法(妖術)のファンタジーに変換する必要があるらしい。日本固有のドラマツルギーは、外…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

盛岡から来た壬生の狼 新撰組にこんな男がいたとは! けっこう血生臭いシーンが多いけど 滝田監督らしいユーモアもあるし…

>>続きを読む

「壬生義士伝」 2003/01/18公開 日本作品 2019-049 日本アカデミー賞最優秀作品賞 再鑑賞シリーズ 2…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

もはや、安倍晴明、野村萬斎抜きには語れない。 もうこの先、安倍晴明と言われたら野村萬斎を想像せずにはいられない。 相…

>>続きを読む

続編はスケールが大きくなりがち。 さなださんは出てこないけど、続編は観た事ないので・・・。 ただ、今作には真田さんよ…

>>続きを読む
>|