1917年製作のおすすめ映画 117作品 まんが,マンガ

1917年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督のチャップリンの移民や、チャールズ・チャップリンが出演するチャップリンの冒険、キートンの囚人13号/ゴルフ狂の夢などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ルイ・マルが少年時代に観ていたと思われる本作。 彼の自伝的作品『さよなら子供たち』(1987)の中で少年時代のマルがこ…

>>続きを読む

チャップリン作品に学ぶ歴史📖 今作が製作された少し前… 1915年「欧州難民危機」問題を皮切りに、ヨーロッパ諸国の民…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

河野虎一 さんを知ってますか(՞ټ՞☝ チャップリン・ファンなら誰でも知ってるけど、知らない人も多いので少し紹介を…

>>続きを読む

本作はチャップリンの短編の中でもかなり面白い方かな~( ´∀`) 冒頭からの警察との追いかけっこがスピード感あって、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

無声映画第2弾!! 第1弾もバスターキートン作品♪ キートンのマイホーム、おうちを組み立てる話ですがオススメですよ~~…

>>続きを読む

ゴルフに興じてたキートンが寝てるときに死刑囚に服を替えられ間違って刑務所に。 打ったボールが壁に跳ね返ってすっ転んだり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「霊泉」って何🤔? 邦題を聞いただけでは分かりづらいですよねσ(^_^;) 不思議なほど効き目がある、泉✨ 簡…

>>続きを読む

チャップリン、天下一品の酔っ払いを堪能あれ。 酔っ払い meets 回転ドア。 酔っ払ったチャップリンが回転ドア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

教会へやって来たチャップリンは未来に希望を持ち、警察官になる決意をします👮 いつもはトレードマークである放浪紳士スタ…

>>続きを読む

ナゾ邦題。ここはお仕事シリーズで"チャップリンの警察官"で良いのでは。相変わらずキャンベルさんの隈取りメイクは大迫力。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キートン作品集に入ってましたが、デブ君ことロスコー・アーバックル監督兼主演でキートンは助演。 デブ君とキートンともう…

>>続きを読む

ロスコー、キートン遊園地にて  2009年3月18日 12時44分   ロスコーアーバックル愛称「ファッテ…

>>続きを読む

塙凹内名刀之巻(なまくら刀)

製作国:

上映時間:

2分
3.4

おすすめの感想・評価

現存する、日本最古のアニメーション。 大正6年。 公開100周年となる2017年に更新された、 最新発掘復元版より。 …

>>続きを読む

鑑賞後「なまくら」の意味を調べた…(笑) …ネットは便利だね…(笑) …意味が分からなくても…楽しい作品だったけど……

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1917年 イタリアンホラーファンタジー 全体的に黄色がかったブラウンな色合い、音楽も映像に合ってて美しい 緑色いっ…

>>続きを読む

1世紀以上前に作られたイタリアの幻想ホラー。若さを手にいれるため老婦人がメフィストフェレスと契約を結ぶが、人を愛するご…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

名前はあまり知られていないけど、サイレント期の監督で自分がもっと評価されるべきと考える映画監督の代表作。 というのも…

>>続きを読む

最高のバレエ映画。 死がテーマにも関わらず画面は光に満ちていて白く美しいのだが、それがまた怖い。 ラストの静止画におけ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

過去鑑賞。 ロスコーアーバックルの女装が意外と可愛いくて、キートンの笑顔が観れる快作。

おすすめの感想・評価

セイラ(Sara)が預けられた所では意外に同じ年頃の子と仲が良さそうでした。 解説にもある通り『アリババと40人の盗賊…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

デブ君シリーズ初めて観たよ! 何故か元子役の内山君を彷彿とした! キートンは花嫁にウェディングドレスを届ける男。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【「デブ」という語を浸透させた男】 ーーーーーーーーーーーーーー 監督:ロスコー・アーバックル 製作国:アメリカ ジャ…

>>続きを読む
>|