1925年製作のおすすめ映画 224作品 まんが,マンガ

1925年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、セシル・B・デミル監督の金色の寝床や、チャールズ・チャップリンが出演するチャップリンの黄金狂時代、戦艦ポチョムキンなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

「新しい希望と夢を抱いて」 金鉱を目指し、アラスカにやって来た“小さな探検家”チャーリー。 しかし、道に迷ってしま…

>>続きを読む

世界で最も有名な映画監督兼映画俳優であろうチャップリンの代表作の一つであり、日本で最も有名な映画評論家であろう淀川長治…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これはウジ虫ではない、ハエの幼虫だ 上等な肉だから問題ない 水兵たちをなだめすかし、腐った肉入りスープを受け入れさせよ…

>>続きを読む

すげぇ…!白黒無声映画ってすげぇよ! この映画の第一印象は丁寧!無声だからこその丁寧さ。何と言っているか、登場人物が…

>>続きを読む

キートンのセブン・チャンス/キートンの栃麺棒

製作国:

上映時間:

60分

ジャンル:

4.1

あらすじ

バスター・キートン主演、監督を務めたコメディ。親族の遺産が手に入ることがわかったキートン。しかしその条件は27歳の誕生日までに結婚していること。意中の女性や友人に声を掛けるも断られ、新聞広…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

27歳までの結婚を条件にして、高額の遺産相続を約束された青年が、タイムリミットを目前にしながら、闇雲に結婚相手を捜し求…

>>続きを読む

この作品は淀川長治さんのクラシックベスト100だそうな。 良い機会なので、ここに淀川さんの生前のベスト100作品を載せ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ウィリアム・ワイラーの「ベン・ハー」を再鑑賞するつもりが、間違えてフレッド・ニブロ監督のサイレント映画を借りちゃった…

>>続きを読む

ルー・ウォーレスによる小説「ベン・ハー」の3度目の映画化作品であり、ウィリアム・ワイラー監督によって製作された1959…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブライアン・デ・パルマ監督の大傑作ロックミュージカル『ファントム・オブ・パラダイス』の原点映画か?…と思って、本作を鑑…

>>続きを読む

活弁上映で初めて鑑賞。 名作『オペラ座の怪人』、最初の映画版といわれている作品。白黒映画で今回は終盤、一部パートカラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

忘れるな!労働者達よ! 「労働者の肉体の上には生々しい傷跡が刻まれた」 支配階級による労働者階級への虐殺と弾圧。 「…

>>続きを読む

10年後の香港を描く「十年」は2025年設定だったが、本作はその百年前。 昨今ストライキもサボタージュも身近な言葉で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世人無頼漢と称する者、必ずしも無頼漢に非ず。善良高潔なる人格者と称せられる者、必ずしも真の善人に非ず……。 冒頭、字…

>>続きを読む

阪妻プロ第一作のサイレント作品。 大正期の反体制ムーブメントと 相まった作風が大いに反響を 呼んだらしく、非常に野心…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【特撮映画の元祖】 ーーーーーーーーーーー 監督:ハリー・O・ホイト 製作国:アメリカ ジャンル:特撮 収録時間:55…

>>続きを読む

アーサー・コナン・ドイル原作のSF小説を映像化。何と1925年、93年前(!)の作品である。当時はまだサイレント映画の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 娘を名門に嫁がせようと言うと、シカゴのりんご売りのおばさんと助け舟を出すギャング達の話を思い出す。欧州貴族の令息を力…

>>続きを読む

ヘンリー・キング監督版のサイレント「ステラ・ダラス」(DVDになってるのはリメイク版のキング・ヴィダー監督版? たぶん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

DVDを再生すると淀川さんの解説から始まる 淀川長治さんの世界クラシック名画100撰集(47) 淀川さんの解説は、…

>>続きを読む

風刺と皮肉とは正にこうゆうものだって感じ くだらないゴシップ好きってのは社交界の世界共通のテーマ 競馬場でのシーンが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

古典的な映画作家については特定の人に興味を持ってない段階でも、グリフィスやフラハティは、興業といかずもシネクラ…

>>続きを読む

極北のナヌークに対する南国のモアナ。 島で暮らす人々や激しく岩浜を打つ波、海を揺蕩う船の姿はどれも胸を打つものばかり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

・映画スターに憧れる気弱でお人好しの大学生ハロルドは裏ではからかわれている、本人は一念発起してアメフト部に入り逆転を狙…

>>続きを読む

ロイドの見たやつの中では一番面白いかも。 あのステップを無邪気にやられると確かに笑ってしまう。 垢抜けないお調子者で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「あるじ」‬ ‪冒頭、ベッドに眠る夫。家事をこなす妻。娘が扉奥から登場。続いて息子が母に身支度される。機嫌悪い父、…

>>続きを読む

カール・テオドア・ドライヤー監督作品! デンマークの伝説的な監督さんですが、作品は初鑑賞! サイレント作品で、傲慢…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「趣味」をもつことは…良いことだ…♡ でも…「ここまでくると」…婚約者さん、 怒って当然かも…(笑) …白黒モチーフ…

>>続きを読む

ソヴィエトサイレント映画の巨匠プドフキンはスラップスティックコメディも撮ってたんだな。スタンダードサイズの画面右端が更…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キートンの作品の中では探偵学入門が一番好きだったけどこれがもうダントツで笑いました! リリアン・ギッシュが「散り行く花…

>>続きを読む

めっちゃおもれ〜〜〜キートンが監督してるやつがやっぱ正統派でおもれ〜 まさかのまた牛映画!(「赤い河」「アイアンホー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 馬映画である。と同時に、人間の物語でもある。  この馬と人間の関係がもっともよく現れているシーンが、交差点でのフュー…

>>続きを読む

娘による手触りの目かくし⇆交通整理になってしまった調教師のおじさんによる馬の毛並みの感触。『捜索者』のラストと同じ奥と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【やらない善より、やる偽善】 ストーリーは端的に言えば、介護を必要とする祖父が偽善者である家政婦に遺産を騙し取られるこ…

>>続きを読む

モリエールの戯曲を下敷きとした、人間の「偽善」をめぐる寓話的作品。 率直に言ってめちゃくちゃ面白かった。カール・マイヤ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まさかこれを映画館で観られるとは思っていなかった。 田舎者~ 田舎者~ サリーは大声をあげた。 唸りをあげそう…

>>続きを読む

フェリーニ何作かを再鑑賞していて思い出し。 フォーマット画像、向かって左が曲馬団の団長で、右が団員と名家のお嬢様との…

>>続きを読む
>|