1960年製作のおすすめ映画 767作品 まんが,マンガ

1960年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、キム・ギヨン監督の下女や、アンソニー・パーキンスが出演するサイコ、太陽がいっぱいなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ジャケットのおどろおどろしい感じ、最高です。額縁に入れて飾りたいくらい。 愛憎の縺れから一家が泥沼に嵌まって抜け出せ…

>>続きを読む

全体的に「ウルトラQ」風のおどろおどろしさ。 やっぱりOPが秀逸。 窓越しの下女、ドア越しの下女、階段上の下女、おっ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

GW終わっちゃったよ!!! あ~楽しかった… 連休最後の映画は「サイコ」! スペルがPSYCHOだったのは意外! マ…

>>続きを読む

ネタバレありで話そうかな✌️ 観てなかった名作「サイコ」。 これが俺にとっての初ヒッチコック映画でした。今から約6…

>>続きを読む

太陽がいっぱい

製作国:

上映時間:

122分

ジャンル:

3.9

あらすじ

パトリシア・ハイスミスの小説を原作とした、アラン・ドロンの出世作。イタリアに金持ちの息子フィリップを連れ戻すためにやってきた貧乏な青年トムは、フィリップを自殺に見せかけて殺し、財産を奪い取…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

幼い頃に観て、大人になってマット・デイモンの「リプリー」を観てから、CSでやってたのでもう一度観てみたところ、、 より…

>>続きを読む

ひさびさに見ました、たしか5回目! すばらしい! 最初2回くらいはあまり良さが分からなかったけど、見れば見るほどに味わ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリア南部の田舎からミラノにやってきた母親と五人兄弟の一家。 息子たちはめいめい働きに出て、家族の再出発と思いきや…

>>続きを読む

僕は将来故郷に戻りたい。 ヴィスコンティ作品としては中期に当たる本作。 今までは後期の作品しか観る機会に恵まれてお…

>>続きを読む

アパートの鍵貸します

製作国:

上映時間:

125分

ジャンル:

4.0

あらすじ

第33回アカデミー賞5部門受賞の名作。上司の情事のため自分の部屋をまた貸している会社員のバド。ある日人事部長が連れていたのは彼が思いを寄せる女性で……。ビリー・ワイルダー監督によるコメディ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「目を覚ませ。“メンシュ”になれ。」 「何です?」 「“人間”だよ。」 保険会社の平社員、バドは猛スピードでカード…

>>続きを読む

◼️サラリーマンはつらいよ あらすじ 平凡なサラリーマンの男性バドは、ひょんなことから管理職連中の逢い引きの場とし…

>>続きを読む

製作国:

上映時間:

124分
4.2

あらすじ

実際にフランスで起きた脱獄事件をもとに作られたジャック・ベッケル監督の脱獄サスペンス。パリのサンテ刑務所で脱獄のため穴を掘る男たち。そこに入所してきた新入りのガスパールも含め、穴を掘り続け…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

実話を基にしたお話🎬 先日「ショーシャンクの空に」を‘午前10時’で観たので、本作を思い出しての再視聴👀 サンテ監…

>>続きを読む

【穴を掘り続ける囚人】92点 ーーーーーーーーーーーー 監督:ジャック・ベッケル 製作国:フランス ジャンル:サスペン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

メキシコの田舎の風景を背景に、エルマー・バーンスタインの勇壮なテーマが鳴り響く。それも1曲まるまる。 スター・ウォーズ…

>>続きを読む

七人の侍を娯楽に徹してリメイクした傑作西部劇 ジョン・スタージェス監督 1960年製作 主演ユル・ブリンナー も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アントナイナス「勝てると思っていましたか、ほんの少しでも?」 スパルタカス「戦っただけでも意味があった。たった一人の反…

>>続きを読む

最近使われないけど、まさに歴史スペクタクル超大作って感じ。 キューブリック自身、雇われ監督だったと明言してるくらい確…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

最近、黒澤明監督の映画にハマっている。 そして今作を初鑑賞。 冒頭の結婚式が良い。 その中でも良かったのは、ケーキが…

>>続きを読む

汚職事件に切り込んだ社会派な一本。不正入札の陰謀によって父親を失くした男が組織に復讐をしていくフィルム・ノワール…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カメラワークが、素敵。 カフェを営むテレーズと恋人の そっと重ねる手は、こちらから。 のショット。 最近現れた店の…

>>続きを読む

ゲシュタポに強制連行された夫に良く似た浮浪者を見かけたテレーズ。 その浮浪者の後を追う、話しかける、思い出の曲を流し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

バーのママの視点から語られる夜の世界 まるでピンクパンサーみたいなジャズ音楽が流れて昭和の銀座にしか出せない「粋」な世…

>>続きを読む

成瀬巳喜男の『女が階段を上る時』は1960年に公開された。この時代には、「原色の街」を舞台にした作品が大量に生産される…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画始まって10分ぐらいほぼセリフ無しで豪華なメインテーマとエリザベステイラーだけでカッコよかった。不思議なことにエリ…

>>続きを読む

2009/2/26鑑賞(鑑賞メーターより転載) 初めての真実の恋に気付いて・・・という流れはよくわかるが、そこに至るま…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「スリ」‬ ‪本作は貧しい青年がスリを行う日々を描いた作品で観た人なら誰もが思うあの地下鉄=列車の中での巧妙な手の…

>>続きを読む

『抵抗』『田舎司祭の日記』などのロベールブレッソン監督によるフランス映画。キャストはピエール・レマリ、マルタン・ラ・サ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1960年にギリシャで製作されたジュールズ・ダッシン監督作。 ※ジャケットはなぜかカラーですが、モノクロです。 ギリ…

>>続きを読む

日曜日! ギリシャといえば、必ずと言っていいほど思い出されるあのメロディ。 穏やかな陽光と乾いた空気、肥沃な大地と青…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

We remain a young nation, but in the words of Scripture, th…

>>続きを読む

子供にはあんまり見せないでね〜という文言が映画の冒頭テロップで流れるくらいには、公開当時物議を醸した一本。これでオスカ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エネルギッシュなソフィア ローレンの目力が印象的な作品。 ソフィアローレンという女優は、こんな風に戦争に翻弄された悲劇…

>>続きを読む

前後に観た作品が強烈過ぎて、印象がぼんやり、、 『ふたりの女(1960年)ヴィットリオ・デ・シーカ』 当初はアンナ…

>>続きを読む

地下鉄のザジ

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.6

あらすじ

レーモン・クノー原作、ルイ・マル監督のヌーヴェルヴァーグ運動が盛んな時期に作られた映画。田舎からパリへやってきた10歳の少女・ザジは楽しみにしていた地下鉄がストで町が混乱している中、パリを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『死刑台のエレベーター』を手掛けたルイ・マル監督の作品です。本作を見ると間違いなく監督の確かな力量は伝わってきます。 …

>>続きを読む

どちらかと言うと同監督作品の「さよなら子供たち」を探してるのになかなか見つからないので見つけたこちらを先に鑑賞。 「ニ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

舞台は中世のヨーロッパ。 敬虔なキリスト教信者である地主テーレの邸宅で働く、異民族(異教徒?)のインゲリ。 彼女は父親…

>>続きを読む

時は中世。スウェーデンの伝承歌をモチーフに、罪なき乙女の受難と肉親による復讐、「神の沈黙」と奇跡を描く。 中世ヨーロ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

思ったよりショッキングな作品だった…。 修道女ビリディアナの運命。 彼女を演じたのは、ルイス・ブニュエル監督のパート…

>>続きを読む

ブニュブニュ特集2本目。こちらも面白くなかった。ブニュブニュつまんない。 本作も期待値が高かったんですよね。あらすじ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

デイビット・グーディス原作の暗黒小説を「大人は判ってくれない」などのフランソワ・トリュフォーが映画化。キャストはシャル…

>>続きを読む

No.358[女を死に導く"オム・ファタール"の誕生] 78点 『キャンディ』で天井を歩いていた傴僂男の印象が強すぎ…

>>続きを読む
>|