グラン・トリノの作品情報・感想・評価・動画配信 まんが,マンガ

グラン・トリノ2008年製作の映画)

Gran Torino

上映日:2009年04月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グラン・トリノ」に投稿された感想・評価

一

一の感想・評価

5.0
オーーーーーールタイムベスト💯
namuge

namugeの感想・評価

-
本作ですでに老人ホームを勧められる年頃にも関わらず、アレから10年以上経った今でも現役バリバリで映画を撮り続けている。そんな化け物がイーストウッド。
leno

lenoの感想・評価

4.5
満を辞しての鑑賞
流石としか言いようのない渋さ、優しさを持った作品。正直感想が難しい…

運び屋の方がポップな感じなのかな?

今作の主役は
家族にも疎まれる頑固な爺さん。
最初は嫌っていた隣人の東洋人と心を通わせていく。
アメリカという国から疎まれる東洋人と
実の家族から腫れ物扱いされるウォルト。
どことなくシンクロするところがあって仲良くなったんだろうなあ。

ウォルトのキャラ自体は軍人の頃の強い自分のままの記憶で生きる偏屈爺さんて感じでクリントイーストウッドだから表せたキャラだなと思った。
誕生日のシーンは泣ける。家族と親友で紙一重だなって思う。
彼は彼で良かれと思ってやったことが裏目に出てしまい…からのラスト30分は目が離せない。
孤独をかけてきたグラン・トリノが、新たな手によって生きていくことがいいラストだったなあと最後はしみじみ思いました。

じっくりと観て欲しい渋い一本
ざべす

ざべすの感想・評価

5.0
ずるいわ…こんなん出されたらもう…。
クリント・イーストウッドって天才なの分かり切ってて…しかもその天才の方向性が一つではない。多芸。
俳優、監督はもちろんのこと、大衆向けにもマニア向けにも私たちを手のひらで転がしながら大抵のことはこなしてしまうように見えるんです。

そんなのってずるい!くやしい!!

しかも、今回の作品は『偏屈で格好いいお爺ちゃん』。
こんな好みストライクだされたらもう…ああズルイ!!
dorami

doramiの感想・評価

4.0
おじいちゃんと、近所の移民の少年。接点はほぼ無い二人に不思議な絆が芽生える。

ラストまで渋かった。二人とも満足してるようにみえたので、不思議と晴れやかな気持ちに。
ギャング達は胸糞です。
あ

あの感想・評価

4.0
いくつになってもイーストウッドはすごい。
素晴らしい作品。カッコいいですねイーストウッド。ダーティーハリーとかアルカトラズとかも好きだけど、爺さんになってからの作品の方が好きかも

このレビューはネタバレを含みます

スーの敵討のシーン、どんな銃撃戦になるのか、ウォルト爺とタオがどんな巧妙な作戦に出るのかと期待したら、タオを閉じ込め一人でアジトに行きあっさり撃たれて死んでしまってので呆気に取られました。
嘘でしょ?と倒れたウォルトの手の中にあるのが手榴弾であれば良いのにとクローズアップすると、手の中には戦場で使っていた古いライターが…
そこでようやく意味が分かり、この映画は凄いと思いました。タオと2人で銃を担いで行ったところで体力的にも人数的にも勝てる訳はなく…だから自分が殺されるところを目撃させる戦法だったんですね。スーの敵討だけでなく、戦場での忘れられない出来事へのけじめもあるのかなと思いました。
テーマのメロディーを聴きながらタオの成長とウォルト爺の変化を思うとしんみりしました。
ロッシ

ロッシの感想・評価

4.8
クリントイーストウッド最高!!
泣ける!
最後かっこ良すぎた!
名作。
人に教えることは、人に教わること。
イーストウッドが役柄にぴったり合っている。
>|