ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信 まんが,マンガ

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

今観るべき映画の一つ。
全体的に暗いなあー。
本当の正義とは、悪とは何なのか。
バットマンかっこいい!けど早くジョーカー殺せよって思ってしまう、けど殺さないのがかっこいい!
ミコト

ミコトの感想・評価

4.0
4.0のうちヒースレジャーのジョーカーが良いで3.8を占めている。
こっちのJOKER強い。。。。
このシリーズ面白すぎる。ヒーロー系見てなかったけどこんなに面白いなんて思ってもなかった
Nero

Neroの感想・評価

4.8
自粛中にノーランの作品を見ようのコーナー
昨日に引き続きバットマンシリーズ二作目にして歴史に残る傑作 ダークナイトを鑑賞

“Introduce a little anarchy. Upset the established order, and everything becomes chaos. I'm an agent of chaos. Oh, and you know the thing about chaos? It's fair.”

公平というある意味一つの信仰
どれだけ社会が荒れてても一つのある意味正義として存在する公平
どんな残酷な事でも計画(当たり前だろうと思っている事柄)例えばマフィア同士が殺し合う、兵士が殺される。そんなことは全て当たり前だと思われてる
だかそこに殺されないだろうと思われていた人がただ殺される
このただ小さな事で1人の正義を信じる地方刑事も大多数の市民達も平気で悪に堕ちる
そして彼らの行動源は公平という信仰である。
それって狂ってません??

つまりいくら綺麗事を言おうが本質的には人々はいわゆる悪だ。
ということを証明しようとするジョーカーに対しバットマンは
いやそんなことはない、俺自身もお前を殺さないしゴッサムには善良な市民もいる。
という主張をして、それを証明する為に自分が警察に追われても構わない。

なぜなら彼はヒーローではないから、ダークナイト、闇の騎士だからである。

というのが本作の凝縮され過ぎたメッセージだと4回ほど見てやっとわかりました
バットマンとは一体何なのか?
前作から提示されてたヒーローではない何かを今作でしっかりと定義したのが今作のバットマンではなくダークナイトなのだと思います

技術的な面ではビジュアルも前作と違い超クールに進化しアクションも上手くかっこよく見せれてたなと思います
しっかりお金をかけて作られた映画だとは思う。でもいい映画なのかな…。前回観てピンとこなかったから2回目挑戦したけど。
クリストファーノーランの作品を観るといつも感じることが、なんか上手いこと誤魔化されてるなってこと。小難しくして、情報量詰め込んで詰め込んで小難しくして、ご都合主義をうやむやにしてる気がしてしまう。

感覚的なものだからしっかりと説明出来ないが、凄く頭でっかちかつ観念的な作品。だから観ていて消化しきれないことにモヤモヤする。それが名作と言われる所以なのかもしれないけど、個人的にはあまり好きじゃない。
ジョーカーにワクワクする。精神的に無敵すぎて、最後までヒーローが勝てない物語。
好きだけど、さっさとジョーカー殺せばいいやん…って毎回思ってしまう…笑
バットマンの中でも伝説的名作…!
別にヒースが亡くなったからとかじゃなくて、歴代ジョーカーの中でもやっぱ群を抜いて良かった。
後々、ヒースのアドリブシーンの数々でこのジョーカーが創り上げられたってわかったら、やっぱそうなのかぁと納得。
ララ

ララの感想・評価

4.7
面白かったー!
ドキドキハラハラが続くから2時間半あっという間に感じた、なんでもっと早く観なかったんだろ!ジョーカーがトラックからバズーカ撃ち込んでくるシーン最高にクールだし笑えた!バットマンシリーズ3部作鑑賞決定しました。
ダークナイトってそういうことかぁ〜〜
構成が良いのではらはら楽しめました
>|