万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信 まんが,マンガ

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

【血の繋がってない家族の映画】

正直めっちゃ引っ張ってから見たからハードルがめっちゃ高くなってしまった笑

もっと出始めの頃に見たらもっと点数は良かったかも笑

血の繋がりのない家族が本当の家族以上に家族愛を感じてたけど結局のところ本当の家族愛って本当の家族でしか出来ない気がした

みせかけの愛だと思った
息子も結局は見捨てようとしてたし

あと最後の締めがイマイチすっきりしなくて好きじゃなかった
ただ、はっきり血縁関係言わんかったのはいい感じにぼやけていいと思った
今更
本当の家族が必ずしも良いとは限らない。万引して集めた家族の方が良いこともある。そんなふうに感じされられた。
血のつながった家族は絶対に必要だと思うけど、こんな居場所が一つはあった方が良いよね。ただそこを拠り所にしすぎてもいけない。
犯罪は良くないです。
家族の絆を描いた映画だけど、見た後苦しくなる感じ。あまりに自然すぎる演技でドキュメンタリーを見てるような気になる。
掘っても掘ってもヤバい事だらけの家族の闇が徐々に明らかになる展開が面白い
亜紀の源氏名の由来と柴田家の浴槽の汚さにゾッとさせられる
スター性バチバチの城桧吏君の今後が楽しみ
ロビン

ロビンの感想・評価

3.7
深い話だった。結局、家族って血の繋がりだけではないよなぁ
俳優陣がとにかく個性派の強者揃い!
子供達も演技うま!
Pankun

Pankunの感想・評価

4.2
役者が素晴らしすぎる。
家族の在り方。
リアルな描写にひきつけられる。
みつ

みつの感想・評価

3.9
「家族」ってなんなんだろう。
血が繋がっているということだけで、なにをして言い訳でも、愛情を与えなくても言い訳でもない。愛は与えなきゃだめだ。それでこそ家族だ。

せめてりんとしょうたが幸せであればいいな。
プー

プーの感想・評価

4.5
家族ってただの言葉 形式 血が繋がってる繋がってないなんて関係ない。愛情を注いでくれる人こそが家族なんじゃないか。

安藤サクラの子供たちになんで呼ばれていたのかと言われたときの泣くシーンが忘れられない。
あと、女性警察の質問に対して「他に捨てた人がいるんじゃないんですか?」が忘れられない。

自分の意思関係なく、社会の普通という枠からはみ出てしまった人の幸せなひと時だったんだな。自分が望んでなったわけではないのになぜあんな風に扱われないといけないのか、社会の不条理。
それから子供は目の前の大人の言動全て。

人はお金で繋がってるのか愛で繋がってるのか。樹木希林が前夫の家族からお金をもらっていたのは大切な人と共存していくためにお金が必要だったのでは。いいふうに考えすぎなのだろうか。

社会的に見れば安藤サクラやリリーフランキーは悪人だが、子供たちにとっては紛れもなく母父に近い存在だったに違いない。悪人とは思えなかった。

祥太が妹を守ろうとする姿が忘れられない。
それから松岡茉優と池松壮亮が痛かったね、あったかいねって抱きしめ合うシーンも。

最後のシーン見たらこの子にとって
5人で暮らしてた時の方がよっぽど家族だったのではと思ってしまった。
ほし

ほしの感想・評価

3.6
やっと見終わった

家族ってなんなんだろう
産めば母親になるんですかってまじ深いよなあ

この映画が一部から売国だ反日だ、朝鮮人の物語だとか言われてるの、まじて闇深い

日本で起きている出来事に目を背けて理想を信じ続けるのは愛国?
rk

rkの感想・評価

3.8
子供が善悪を分かり始めた時の描写や、他の目よりも大切なものについて考えさせられました、俳優陣の演技はとてつもないものです。
>|