存在のない子供たちの作品情報・感想・評価 まんが,マンガ

「存在のない子供たち」に投稿された感想・評価

たくや

たくやの感想・評価

4.5
記念すべきレビュー1400本目は、全てのフォロワーさんに本気でオススメするこちらの映画。

現時点、個人的2019年No.1。
この映画を越えるのは今年はないのではないか?
そう思わせるくらい凄かった。


そして、色々な意味で“圧倒的”な作品。
面白いとか、そーいうエンタメではなく、
“心をとても揺さぶられる”映画だった。
映画で表現し得ることを、
ある意味で超越している。


物語は、主人公である12歳の男の子が“自分を産んだ罪で両親を訴える”ところから始まる。
彼がなぜこの裁判を起こしたのか?その経緯が描かれる。

この男の子は、12歳なのに精神はもう大人を越えている。

そんな彼が発する言葉の一つ一つにも心を動かされる↓
“育てられないなら、生むな”
“わからせてやる、どっちが死ぬべきなのか”
“人生は地獄”
“心はないのか”
 
 
観ていて辛くなる...
感動というより、考えされられる。
でも、胸糞映画とか、バットエンドとか、そーいうことじゃなくて...
9割辛い映画なんだけど、
ラストカット、最高なんです。


うーん...何て言ってか分からないけど😅💦
本当なもう“凄い”としか言えない。
エンドロールが流れた時、自分はどんな感覚だったのか...
激しく動揺したのは間違いない。


一度は観てほしい。
でも二度は観れないかも😥
あ、もう、とりあえず観て❗としか言えない。笑

東京都近くの人は新宿武蔵野館にGO!🏃
sutpen

sutpenの感想・評価

4.6
見終わってすぐに国連の難民支援に毎月募金する事にした。これをカップルで見に来てた高校生くらいの子達の前途が明るい事を切に祈る。
らいか

らいかの感想・評価

4.0
世界平和を願わずにはいられない作品です。
子供からこれから親になる私たちはちゃんと守っていかないといけない。

てか子役がみんな天才すぎる。ゼインもすごく良かったけど、エチオピアの子は本当に子供なのか?と思うくらい……!

2019年に見逃した映画でアップリンク渋谷上映してくれてありがとう…!
Yuriy

Yuriyの感想・評価

3.9
こどもの顔ってほんとにかわいい。
あなたのこときちんと最後まで育てるからねって強く思った映画。
国は違えど、貧富の差が激しくなる自国。形は違えど同じようなことは必ず起きる。くいとめてほしい。
Sophie

Sophieの感想・評価

4.3
観てよかった。
タニオ

タニオの感想・評価

4.4
観ていて辛く日本が幸せなのだと実感
生まれたときから、貧困と闘い抗いながらも無責任な親を訴えることを選んだゼインに心をうたれました。
妹を可愛がり愛していたのが亡くなって、もう、耐えきれなかったのでしょう。
日本でも虐待はありますが、ここまで酷くはない。
無責任はチカラの弱いものには残酷すぎます。
arataki

aratakiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

昨年夏に映画館にて鑑賞したものの、感じたことを言葉にするのが難しくて、書けないまま年を越してしまった...

両親を“自分を生んだ罪”で訴える少年の話。

久しぶりに胸にどすんと響く作品で
なんと言葉にしたらいいものか未だに分からない...


とにかく、これはリアル(ドキュメンタリー)じゃないけどリアル(実際に起きていること)なんだ、と。

あまりに自然な演技と吸い込まれるような少年の瞳に何度も“映画を観ている”こと忘れてしまう。
それほど生々しく、強烈だった。


上手く言葉にできなくてもどかしいけれど、ひとつ言えるとしたら

「育てられないなら生まないで」

この言葉の重みがずっと残っている。


2019年、いちばん忘れられない作品。


(気持ちを言語化できるようになりたい...)
sae

saeの感想・評価

4.0
刑務所が天国に見えてしまうよなこんなの

作るのも産むのも共にいたいと願うのもただの親のエゴでしかなく、情だけでは現実に対峙できないのはわかっているんですけども
なんとなく奇跡を信じようとしてしまうのは映画の見過ぎかもしれない
去年観てたら確実に去年の覇権だった。
子供たちの演技は演技なのか…?なんにせよすごい。
今のところ悪い部分が見つからない。おわり
とみみ

とみみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかくひたすら苦しい映画。12歳の男の子に育てられないなら産むなと言わせちゃう環境で、だれが悪いとも言い切れない。社会のことを知ろうと思いましたまる
>|