閃光少女の作品情報・感想・評価・動画配信 まんが,マンガ

閃光少女2017年製作の映画)

閃光少女/Our Shining Days

上映日:2018年08月18日

製作国:

上映時間:103分

3.8

「閃光少女」に投稿された感想・評価

中国伝統音楽と2次元コスプレ??ツタヤ店頭押しに釣られ、結果大正解。

単純に言うと拗らせ女子の逆襲劇なのだが、全く暗いところはなく、明るくポップでハチャメチャ(学校のウォーターサーバーでしゃぶしゃぶ!)で青臭い。良い意味で中国映画と中国人に対する先入観を覆される。

とにかくバンドの女の子全員可愛くて、それだけでも見てられるのに、演奏シーンは圧巻でカッコよく、楽器の珍しさもあって、とても引き込まれる。
ラストに向けての高揚感も良かった。

スクールオブロック、SINGが好きな人にはとてもいいかも。
kiu

kiuの感想・評価

3.0
時代も変わったもんだねの映画

『海月姫』(2014年作。能年玲奈)みたい。これが最近の中国映画かあっと結構衝撃。良い意味で普通の作品です。

悪役というか憎まれ役は、昔ながらの顔つきですが、女優さんは可愛い処が多数出演。主人公(徐璐)は愛嬌あって可愛い。バイオリンの子(陳雨鍶)が超綺麗(自分的に一番だわ)。千指さま(劉泳希)は綺麗なアジアン隅田に見えたが気のせい。

邦画だったら多分観ないであろうジャンルの映画でしたが、なかなか興味深く観れました。

中国のハリウッドへの資本投入も顕著のなか、国内で、こういった変化球まで作れる様になると、日本のお遊戯映画は駆逐されちゃうじゃないの?
(むこうの女優さん、日本で言うところの宝塚的なところで、ちゃんと演技学んだキレイ処さんばかりみたいだし。。。)
安心して見られる学園コメディ。ストーリーとしては平凡ですが、キャストはみんな可愛いし、長さもちょうどいい。
【中国伝統音楽×オタク女子】
《2020年2本目》
‪中国の伝統楽器を学ぶ冴えない少女と二次元の世界をこよなく愛する仲間たちの恋と友情、そして迫力満点な音楽バトルが繰り広げられる青春音楽映画。全てがキラキラで中国伝統楽器演奏のシーンは圧巻でとてつもなく面白い!!‬

‪観ないともったいない最高の音楽映画。‬
ニコ動以降のオタク観、というか香港だとしてもこれは少し前の感覚なのでは。
00年台の日本のドラマの映画化と言われたらしっくりくる。
三太郎

三太郎の感想・評価

4.0
二次元と音楽の融合、さらに西洋音楽と中国の古典楽器との対立からなる青春映画
見やすい、分かりやすい、あまり退屈しない
主人公のだらしなさと周りも驚く行動力で全校を巻き込んだ物語展開

コスプレの可愛さと中国の古典学期から奏でられる力強さとカッコ良さのギャップが良かった
最後は青春映画らしく西洋音楽も古典音楽も垣根がなくなって演奏するシーンは良かった

あとちょくちょく登場するスパイダーマンとナルトのキャラコスプレには笑う
観てて楽しかった
JIN

JINの感想・評価

4.6
中国映画やねんけど、これ面白かったなあ。
中国の伝統音楽部と西洋音楽部との対立に、日本のオタク文化を利用して中国の伝統音楽の素晴らしさをアピっていく様が斬新。
いわば女子十二楽坊みたいな感じの和楽器バンドの中国版というか、今風にしてみて。

自分も民族音楽がルーツの一つにあるので、こういったマイナーな伝統楽器にスポットが当たる様な作りの作品はそれだけで嬉しくなる。
また中国でもオタクの盛り上がり方って日本と一緒なんやなあ、と。
あの劇中のアイドルオタク達の変わり身の早さと対応力には笑ってしまったけど(笑)

ヒロインがメガネを外すと若い時の小室みつ子さんに似てて可愛かった(笑)
音楽に恋にサブカルに、貴重な青春時代を好きなことに没頭し、葛藤し、おかしなことに仲間と抗ってみせる姿が眩しかったね。
そして、今の時代はSNSや動画配信というものがいかに影響力があり、スマホやネットっていうツールが強力な武器にもなり、こういった作品の在り方をも大きく変えていってるんやなあということを実感させられる。
これは素晴らしい!音楽の素晴らしさを思い知る。2.5次元やオタクな人達、コスプレも織り交ぜた最高の青春映画だった。
めっちゃ中国っぽい〜!と思いながら面白おかしく観られました。何が中国っぽいって、女の子の性格と、台詞の言い方と、アニメやサブカルへの捉え方と、演出!ただそれが自分は結構好きだったのではまりました。もっと中国の映画が入ってきてくれたらいいのになあと思います。
伝統音楽部と西洋音楽部が対立する高校でバンドを結成した女子高生を描いたワン・ラン監督作品。全てのオタクに告げる、鳥肌注意の青春映画。西洋コンプレックスとオタク文化が根底にある物語は日本人にもグッとくる。主人公が綾瀬はるかと永野芽郁にそっくり。
>|