テッド・バンディの作品情報・感想・評価 まんが,マンガ

上映館(31館)

「テッド・バンディ」に投稿された感想・評価

ぱんだ

ぱんだの感想・評価

3.5
テッドバンディ目線で犯行に及んだ経緯が描かれた物語かと思ったけど、裁判の映画だった。
うどん

うどんの感想・評価

4.0
誰でも名前くらいは聞いたことあるんじゃないかというくらい有名な連続殺人犯。
目を背きたくなるようなスプラッターが展開されるのかと思いきや、意外にもその要素は薄かった。
自分がテッドについて予備知識0だったら、彼らを支持していた女性たちのように冤罪だと思ったまま観賞を終えてたかもしれない。
あのラストの暴露シーンも制作側の捏造だと勘ぐってしまうかも。

このレビューはネタバレを含みます

もう本当にやってないんじゃないかってくらいの
最後のゆみのこって書くとこがいちばんサイコで不気味ココガミドコロ
かに

かにの感想・評価

4.0
この男の得体の知れない恐ろしさが最後の謁見シーンにでてて震えた。ザックエフロンは本当に男前ですね…良かったです。あと登場人物が全員ご本人たちに似すぎてて怖かったです。#Freepass①①
裁判中心で少し飽きてしまったし、バンディの魅力はいまいちわからんかったけれど、先が気になる展開やった。
マインドハンターみてるから、シリアルキラーものってだけで、どこかおもしろい。Netflixのバンディのドキュメンタリーもみてみよう。
2回脱獄したのには、さすがにわらったな。
シリアル・キラーという言葉の元となった実在する殺人鬼の話。
面白い…と言うと語弊があるけど、興味深かった。人ってどこまで信用出来て、どこまで信じられるのか?怖いなぁーと思った。

判事のジョン・マルコビッチが渋かったです。
Asuka

Asukaの感想・評価

3.2
実在した大量殺人犯の話。
大きな感動もなく、心配していた残虐シーンもなく、淡々と観れた。
かと言って、つまらなかったわけではなく、周囲の苦悩や真実など、そして元恋人との最後の面会シーンなど、個人的には映画としてちゃんと楽しめました。
かなた

かなたの感想・評価

3.5
ザックがシリアルキラー。しかも実話。

知ってて観たけど、
え?ほんとにザック(テッド)が犯人なの、、、?て思うたびに、ザックがあの顔で「僕はやってない、嵌められたんだ、、」て言われたら
「そうよね、あなたが人を殺すなんて有り得ない!」てなるなんてチョロいんだと反省。

ラストも、真実の告白じゃなくて、リズを愛してるが故に嘘をついたのでは、、、とか思うくらい。リアルタイムならテッドの親衛隊入りだった、、、

ネトフリの方も観ようと思います。
Teddy

Teddyの感想・評価

4.0
2020年初映画館鑑賞作品!
実在にいたアメリカのシリアルキラー
テッド・バンディ

実在した人の映画ならと、テッドバンディについて知識を入れてから観ました。
観てる途中で思ったのは、

・全くテッドのことを知らずに観るか
・テッドの犯罪歴など過去を知った状態で観るか

上記の二択で終盤までの見方・感じ方が変わるだろうなっていう、すごいな!って思った作品でした。

最後のテッドとリズのガラス越しでやり取りをするシーンは、緊張感の中ドアップで交互に移り、途中から〝あの音〟がじわじわBGMで入ってくる感じがハラハラ・ゾクゾク感満載です。
年始1発目の映画を思いっきり楽しめました!

これから観る予定の人へ
予備知識なしであの時代に生きてた若い女性のように、彼がこのような酷い犯罪を犯すように感じられないと同調し、少し時間が経つと記憶が風化していくのか
はたまた
知識を入れて、とんでもない人物が生きていたんだなってゾクゾク感を感じるのか

どちらで楽しみますか。
ホラーよりよっぽど怖い。しかも実話。年始早々すごい映画みれた。笑
>|