一さんの映画レビュー・感想・評価 まんが,マンガ

一

映画(940)
ドラマ(5)

リアリズムの宿(2003年製作の映画)

3.5

「オーバー・フェンス」の山下敦弘監督作品

ゆるくてシュール
ストーリーを期待するのではなく風情を楽しむ映画
人間臭い日常を遠くから覗いてるような感覚

さほど展開しないストーリーに意味のない会話
>>続きを読む

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

3.5

まさに“映画”
難解な作品なので正直全ては理解できてませんが…

掴み所のない作劇に面食らいました
ぶっ飛んだ内容に笑って良いのかわからないけど笑えるし

ホラー、ファンタジー、ロマンス、ミュージカル
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.7

魅力的ではまり役すぎるジャック・ブラックの素晴らしい熱演とロックへの愛
子役の子達もみんな愛らしくて👌🏻

やりたい放題な先生ですが、真剣に子供と向き合い、ひとりひとり優しく励ます映画的良い先生像
>>続きを読む

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

3.8

「寝ても覚めても」の濱口竜介監督作品
上映時間は驚異の317分 約5時間半

大好きな作品の監督ともあってどうしても観たかったのですが、レンタルも配信も対応していない為、ブルーレイを購入して鑑賞

>>続きを読む

愛は盲目(2015年製作の映画)

3.8

もっとハラハラすると思いきや…
たった6分でここまで笑えるのは凄い
結構なブラックジョークですがかなり面白いです👏🏻
ただし、旦那さんは気の毒でならない😭笑

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.6

お正月にふさわしいドタバタおバカコメディ

劇場も終始笑いに包まれていました👏🏻
ただし特にストーリーの意外性などはないため、韓国映画をよく見る人なら特別な作品ではないかと

おいしそうな唐揚げがたく
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.7

キム・ギドク脚本とのことで鑑賞

家族を装って韓国に潜入する四人の北朝鮮の工作員
次第に隣人の家族と階級の壁を乗り越え奇妙な絆で結ばれていくさまを描く

深みのある喜劇
ギドクっぽさは薄いけど楽しめま
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

3.5

強盗や傷害を重ねて逃亡中の青年が、ある老人と彼女が暮らす村の人々と触れ合い、再起を決意する過程を描く温かい人間ドラマ

美味しいご飯は人を優しくする
と改めて食事は大事だなーなんて考える

林遣都はこ
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

3.7

世界的ファッションデザイナーであるトム・フォードの監督デビュー作

同監督の「ノクターナル・アニマルズ」のような衝撃的オープニングはなかったけれど、やはりデビュー作でも映像表現のセンスがぴかいち

>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.7

「マリッジ・ストーリー」のノア・バームバック監督作品
主演は「レディ・バード」の監督であるグレタ・ガーウィグ

テンポ良く進むストーリーに陽気な音楽が良い
モノクロなのにスタイリッシュで、セリフがいち
>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.8

「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督作品
同じくライアン・ゴズリングと再タッグ

妻子を養うため銀行強盗を繰り返す男と彼を追う野心的な警官をめぐる因果が、15年後の彼らの息子たちへと世代
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.4

あーーめちゃめちゃ良い映画だ〜
何気なく新年一本目はこちらにしたけど観て良かった〜😭

盲目の男子学生に毎日付き添う優しい幼馴染みで同級生の女の子、そしてイケメン転校生の三角関係をピュアッピュアに描く
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

3.7

すさまじい世界観のSF映画でした
アポカリプトを観たときと同じ感覚

アクションや映像、美術も素晴らしいけど、表面的な部分だけでなく、本質を見なければ
人間の醜い部分を嫌味無く描写してる

ドキュメン
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

4.0

「パターソン」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジムジャームッシュ監督作品

オフビート全開でシュールな会話劇がたまらない

しょうもない三人が刑務所で出会い、しょうもないまま別れる
ただそれだけなの
>>続きを読む

(1960年製作の映画)

4.3

シンプルかつセンセーショナルなタイトルに惹かれ鑑賞

脱獄物としては勿論の事、人物描写を巧みに写しており、とても素晴らしい映画でした

牢屋の中でガンガンガンガン音を立てながら、床のコンクリートを削っ
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.0

これは新作…?
というよりほぼ過去作の名場面集ダイジェスト映画という感じでした

シリーズに思い入れのある方は、冒頭のオープニングから涙腺にくること間違いなしです

渥美清さんが、いかに素晴らしい俳優
>>続きを読む

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

4.5

ありゃあ〜 すずさんの声だけで涙が溢れてくる体になってしまったよ…

追加されたエピソードに加え、音響が進化し爆撃の迫力も増してる気がします

大筋の流れはわかっていても、新しい映画としてみることがで
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.1

とても観たかったのですが、タイミングが合わず劇場鑑賞をのがしていた作品

期待通りの衝撃的な素晴らしい映画でしたが、かなり好みの分かれる映画だと思います(不快になる可能性すらある)

足の悪い兄と自閉
>>続きを読む

男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.9

記念すべきシリーズ50作品目の公開にあたり、全て観るのは無理なので1作目だけでも予習🤞🏻

おもしろい!50年前のクオリティとは思えない程笑えるしホロッとくる

こいつ馬鹿やなぁとおもいつつ愛されるキ
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

4.0

『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督のNetflixオリジナル作品


宗教には全然詳しくないですが、教皇が背負うものや信じる心、痛ましい過去を丁寧に描いています

最初から最後まで
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

斬新であり得ないユニークな設定の王道恋愛映画

ウジンは18歳になった途端、目覚める度に年齢や性別や国籍を問わず、それまでとは全く違う外見に変化してしまう
そんな彼がある女性店員に一目惚れしてしまい…
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

まさにハリー・ディーン・スタントン自身の映画

90歳の偏屈なおじいちゃんが人生の最後にある結論に達するまでを描く

仕方ないとはいえ、90にもなると必然的に死と向き合わなければいけないのは観ていて悲
>>続きを読む

おとなのけんか(2011年製作の映画)

3.7

戦場のピアニストのロマンポランスキー監督作品

子ども同士のケンカを解決するため集まった二組の夫婦が、話し合う中で徐々に修羅場と化していく様子をコメディタッチで描く

まず邦題が素晴らしい
タイトルだ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.0

傑作の続編の傑作の続編は〜〜〜
当然最高でした〜〜🔥🔥🔥

まさかの始まる前に、超簡易的ダイジェストが流れてきたのは笑いました☺︎
さすがにあのダイジェストでまとめるのは無理がある😭笑

本作はいつに
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

5.0

はいきました
ケン・ローチが年末にどえらい大大大傑作をぶっ込んできました

『わたしは、ダニエル・ブレイク』のケン・ローチ監督作品

これちょっとやばいですわ
個人的にはダニエルブレイク超えてきた
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.8

まず先に言っておくと、スターウォーズは7.8しか観ていないドにわかの意見なので、軽く聞き流してください😭

肯定派ではありますが、ごちゃごちゃにされた感は否めない8
そんな作品の続編を、しっかり綺麗に
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.2

続編公開に向け予習②🤟🏻

これまた傑作の続編は傑作でした👏🏻

ヒックの著しく成長した姿に感動
1とはまた違ったワクワクさと悲しい展開もみられる
今回こそ子供よりも大人向けの映画と感じる

前作から
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

3.8

岸井ゆきのが観たい!というしょーもない動機だけで応募したため、特に期待はせずに鑑賞しましたが、とても面白かったです🤞🏻

前田建設工業という実在する会社の、架空の世界の建造物を実際に作ったらどうなるか
>>続きを読む

ヤクザと憲法(2015年製作の映画)

3.8

ヤクザ側からみるリアルな視点

実際に暴力団組織の内部に潜入し、取材を続けたフィクション映画みたいなドキュメンタリー

本物だからこそ写せるものが限られているため映画的には地味め
でもそれこそがリアル
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.8

名古屋近郊のニュータウンの片隅、雑木林に囲まれほぼ自給自足の生活を営む87歳と90歳の老夫婦の日常を追ったドキュメンタリー

ぼろぼろ泣いた
かわいいおじいちゃんとかわいいおばあちゃん
こんな素敵な年
>>続きを読む

おくりびと(2008年製作の映画)

3.9

日本映画史上初めて外国語映画賞を受賞した本作

題材的にかなり重い映画だと思っていましたが、ユーモア混じりで進むので見やすい

誰もが必ず辿る“死”
この作品で描かれる納棺師という仕事は絶対に無くては
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.1

続編に向け予習🤞🏻

細部まで丁寧に作り込まれた素晴らしいエンターテインメント映画でした

心優しい主人公の少年とかわいらしいドラゴン
可愛すぎないヒロインにも味がある

シンプルながらも巧みな脚本、
>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.3

アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた本作

大怪我ケガをして運び込まれたチェチェン兵とジョージア兵が同居する姿を描く

紛争が起こりほとんどの人たちは祖国に帰ってしまうも、老人二人は自ら営むみか
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.0

うーん…

チープなコメディサスペンス
いかんせん展開がスローペース過ぎる

確信に迫る段階まできた頃には犯人とかどうでも良くなってた😭

ところどころクスッとくるシーンはほぼよかった
浜辺美波は天使
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.6

『それでもボクはやってない』『シコふんじゃった。』の周防正行監督作品

かなりお恥ずかしいのですが、本作を観るまでカツベンは活動弁護士の略だと思い込んでました…😭
まだまだ勉強不足で活動弁士という仕事
>>続きを読む

ぼくらの7日間戦争(2019年製作の映画)

2.8

好きな方はごめんなさいひどかったです

いい話にしようとしすぎたせいか、オリジナル版を超えたかなり無理のある設定
現代風にアレンジして風刺的な踏み込んだストーリーにしてるけど、それが裏目に出て個人的に
>>続きを読む

>|